敬老の日は長寿のお祝いを!プレゼントに感謝をこめて

敬老の日は何をプレゼントしようかな?とプレゼントに悩みがちですが、敬老の日に長寿のお祝いもしてあげてみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク

敬老の日に長寿のお祝いを

敬老の日に長寿のお祝い、といってもまだまだお若いおじいちゃん、おばあちゃんには先の行事ですが、長寿のお祝いはお誕生日か敬老の日にするのが一般的です。数え年は生まれた年を1歳として数えます。以降お正月を迎えるごとに1加算していく数え方です。

還暦

数え年で61歳のお祝いです。61年目には生まれた年の干支に戻るので赤子に還る、という意味があり、赤いちゃんちゃんこ、赤い頭巾など赤いものを贈って長寿のお祝いをします。

古希

数え年で70歳のお祝いです。中国の詩人、杜甫の詩のなかの 人生七十古希まれなりに由来しています。紫が長寿の色とされています。

喜寿

数え年で77歳のお祝いです。喜を草書で書くと七十七と読めることに由来しています。紺や紫が長寿の色とされています。

傘寿

数え年で80歳のお祝いです。傘の略字を書くと八十と読めることに由来しています。黄や金が長寿の色とされています。

スポンサーリンク

米寿

数え年で88歳のお祝いです。米の字をくずすと八十八になることから由来しています。米文化の日本と末広がりの八の字とで二重におめでたい米寿です。黄や金が長寿の色とされています。

卒寿

数え年で90歳のお祝いです。卒の略字である卆を書くと九十と読めることに由来しています。黄や金、白が長寿の色とされています。

白寿

数え年で99歳のお祝いです。百から一をひくと白になり、百から一ひく計算で九十九になることに由来しています。白が長寿の色とされています。

百寿または紀寿

数え年で100歳のお祝いです。また100歳以上は毎年お祝いをします。101歳は百一賀、102歳は百二賀、といいます。白が長寿の色とされています。

敬老の日のお祝いまとめ

長寿のお祝いは、お誕生日か敬老の日が一般的とはいえ決まりではないので、おじいちゃん、おばあちゃんの体調を考慮しつつ、みんなが集まれる日にお祝いしてあげてみてはいかがでしょうか。還暦には赤い頭巾やちゃんちゃんこが有名ですが、ほかの長寿のお祝いには特に決まった品物はありません。長寿の色を参考にお花や、お洋服などプレゼントしてみては^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。