お正月飾りのしめ縄はいつまでに飾ればいい?

年末になるとスーパーなどでしめ縄を見かけるようになりますね。お正月飾りの門松やしめ飾り、鏡餅はいつまでに飾ればいいのでしょうか。そして新年を迎えて、いつまでにどのような方法で処分すればいいのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お正月飾りのしめ縄はどこに飾る?

お正月飾りのしめ縄は神聖な場所しめす意味があります。年神様にここは神聖な場所ですよとお知らせしてお迎えするためです。年神様は実りの神様です。昔はしめ飾りを家の中に飾っていました。しかし現代では玄関に飾り新年を迎えます。

お正月飾りのしめ縄はいつまでに飾るのか

諸説ありますが、門松、しめ飾り、鏡餅の正月飾りは一般的に、12月の26日27日28日に飾るのが良いとされています。29日は「二重苦」を連想させるので忌み嫌われています。そして31日は「一夜飾り」と言われ、一日しか飾らないことから神様を軽んじていることになるので31日は避けましょう。30日は旧暦で晦日となります。ですので、いちばん理想は末広がりで縁起が良いとされている「八」がつくことから、28日が良いでしょう。

スポンサーリンク

お正月飾りのしめ縄の処分方法

地域にもよりますが1月7日にとりはずして片付けます。そして1月15日どんど焼きで門松、しめ飾りをお焚き上げしてもらいます。近くに神社がない、などお焚き上げが難しい場合は、ゴミとしてお清めの塩と共に自治体の処分方法に基づいて処分しましょう。1月11日の鏡開きにいただきます。

鏡餅の処分方法ですが、鏡開きで包丁を使うのは切腹を連想させるので縁起が悪いとされています。昔は木づちでたたいて細かくしておしるこなどでいただいていました。現代ではパックになっていて、開けると個別包装の切り餅になっているものがありますね。真空パックのものがカビずに便利かもしれません。鏡開きはお餅を食べることで1年間の無病息災を願うものでもあります。

お正月飾りのまとめ

年末になってからあわてないように、12月28日に飾れるように準備したいと思います^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。